J’hopper’s Heaven (ジョッパーズヘブン)

ジョブホッパー・ボブがジョブホッパーでなくなる日を夢見るブログ

ここが違うよ外資系!外資系エージェントの特徴3選

Job Entrepreneur Work Employee Startup - Must link to https://www.pricenfees.com/

おはよう!そして会えないときのためにこんにちは、こんばんは、そして、おやすみなさい。ジョブホッパー・ボブです。

 

突然ですが、外資系の転職エージェントを利用したことがありますか?

 

ジョブホッパー・ボブは、いくつかの外資系エージェントにお世話になったことがあります。そこで今回は、転職のために外資系の転職エージェントに登録しようと思っているひとを対象に、知っておきたい外資系エージェントと日系エージェントとの違いを、3つに絞ってご紹介します。

 

その1:雑なフィルタリングと合理主義

 

そもそも豊富な候補者がいないことが原因なのかもしれませんが、外資系の転職エージェントは、こちらの希望に100%マッチしたものを紹介してきません。日系のエージェントでも多少はこのような場合はあるのですが、外資系エージェントの場合には「絶対に譲れない」と伝えている項目をも、いとも簡単に無視して紹介してきます。

 

外資系エージェントのフィルタリングは、どうやら「候補者が次の企業で何を求めているか」ではなく、「これまでの職務経歴やスキルでマッチする企業」だけで行われているのではないか、と思わざるを得ません。転職エージェントは、企業からの成功報酬なので、できる限り企業が求める人材を紹介するのが彼らの報酬に直結します。外資系の転職エージェントのすべてがそうであるとは言いませんが、多くの外資系エージェントは、候補者よりも企業側を優先しているように思います。

 

しかし、彼らのやりかたが間違っている責めることはできません。無料で利用できる転職エージェントとはいえ、彼らも企業。利益の追求は、当たり前です。ですから、そうゆうものだという意識をもってつきあうことが重要です。外資系の転職エージェントとの付き合いには、日系エージェントのようにきめ細かい対応は期待できません。むしろ、ある程度の忍耐が必要です。

 

特に、転職によってキャリアチャレンジを考えている場合は、自分の希望に合った企業を紹介してもらえる確率が極めて低くなりますので、要注意です。

 

また、日系エージェントのような、面接対策や職務経歴書の作成サポート等もないところがほとんどです。

 

その2:いきなり連絡が途絶える

 

日系の転職エージェントの場合は、選考結果について、その結果が良い場合もそうでない場合も、きちんと連絡がきますが、外資系の転職エージェントの場合はそうとは限りません。

 

おそらくは、選考結果がよくなかったのでしょう。いきなり連絡が途絶えます。

 

ジョブホッパー・ボブの経験上、9割の外資系エージェントは、選考結果がOKでなかった場合、連絡が途絶えます。結果が出るまでは、平日は就業中だからいきなり電話とかヤメテよ!と伝えているにも関わらず日中にガンガン電話してきたくせに、本当にいきなり、連絡が途絶えます。いやいや、むしろ結果こそちゃんと連絡して!と思いますね、まったく。仕方ないので、2週間ほど待った上でこちらから問い合わせると、「まだ確認中だからチョットまってて!それより、こっちの案件どーぉ?」みたいなこと言ってきて、2週間も合否出てないとか普通ねーだろヾ(。`Д´)ノ、しかも追加で紹介してきた案件、希望とまったくマッチしてないし、っていうね。もうなんなのかしら。ってなりますね。

 

というわけで、外資系エージェントの場合、いきなり連絡が途絶えたら、選考がうまくいかなかった、という意味と捉え、次に切り替えるのがよさそうです。

 

ちなみに、いきなり連絡が途絶えたのに、これまたいきなり、何事もなかったかのように別の案件を連絡してきたりします()

 

その3:カフェやランチでむき出しの下心

 

日系エージェントの場合、たいていはそのエージェントの会社に出向いて面談、という場合が多いのですが、外資系エージェントの場合は、カフェやランチを誘われることがあります。ちなみに、その費用はエージェント持ちなので、おごってもらえます

 

こちらから望むというよりかは、エージェント自ら、社外で会うことを望んでくることが多いです。たいていは、こちらが就業中であることを考慮して「できるだけ候補者の負担にならないように」というホスピタリティを建前にしています。しかし本音のところは、「企業に紹介できる人材かどうかの値踏み」や「情報の引き出し」といったところが目的ではないでしょうか。

 

ちなみに、ジョブホッパー・ボブの経験上、社外で会うことを誘ってくるのは、エージェント自身が外国人の場合です。外資系エージェントであってもエージェント自身が日本人が場合は、社外でのカフェやランチを誘われることは滅多にありません。このあたり、日本人は真面目ダナー。

 

誘われるタイミングですが、エージェントとのはじめての面談、という場合もありますし、応募した企業との面接の直前という場合もあります。あるいは、転職後に「最近どうよ?」的な感じで誘われることもあります。はじめての面談で社外で会う場合は、こちらから登録した場合ではなく、スカウトされた場合に多いです。転職後に誘われた場合は、「そろそろ転職カンガエテナイノ?」とか「まわりに転職考えてる人いたら紹介して」などといった下心も見え隠れします。

 

いずれにせよ、タダより高いものはない。ギブアンドテイクであることをお忘れなきよう・・・

 

まとめ

 

外資系エージェントは、まさしく、ザ・外資。日系エージェントのように至れり尽くせりの候補者向けサービスは持ち合わせていません。結果に執着していて、オンとオフが激しい。イケるとなればこれでもかっていうほどアグレッシブに押してきますし、ダメだとなればすばやく引きます。かといって、根に持つわけでもありません。外資系企業で働く前哨戦だと思って、こちらも合理的思考で付き合っていくのがよいのではないでしょうか。